120318_10-2.jpg


いつのはなし?というくらいですが。

ざっと、おさらいすると。

豚の肩ロース肉にドライのコリアンダーリーフを使ったりした

『ちょいとエスニックな豚の煮込みのおぼえがき。』→

120224_02.jpg

からの、お弁当。

『煮豚から日が昇る弁当』→

120225_01.jpg

からの、

『皮付き豚バラ肉を加えて、角煮』→

120227_01.jpg


の、のこり汁。

を、もったいないから冷凍していたのです。どんだけ。

だってひえるとぷりっと固まるコラーゲン的な汁を、捨てるなんてできない。。。


汁までいただき尽くすなら、炊き込む?

というわけで、

角煮の皮付きバラ肉が2片ほど残っていたので、それはそのまま。

豚こま切れ肉とごぼうを足して、鍋炊きしました。


あけたて鍋の様子は後半で!



1日1クリックのおかげです。

のこり汁は汁とはいえ固形物入ってるし、味ついてるし、水をどんだけ足せばいいのかむーん??

と悩んで、結局はてきとう(悩んだ意味なし)


★★★

〈材料おぼえがき〉

米     2カップ
角煮入り汁  240g
水     1と1/4カップ

豚こま   100g(のこり汁に漬ける)
ごぼう   1/3本(ささがきにする)



〈作り順おぼえがき〉

米をといで、水に浸ける。汁を解凍する。汁に豚こまを浸ける。ごぼうをささがきにする。

浸水30分したら、厚手の鍋に米と水分を入れてざっと混ぜて、具を上にのせる。

火にかけて沸騰したら蓋をして、中弱火で12分→強火1分。火を止めて10分蒸らす。

・・・

うちは、米の計量カップがないので、ふつうの計量カップ(200cc)です。


★★★

では、あけますよー。

じゃーん。
120318_01.jpg
混ぜます。
120318_02.jpg
角煮はけーん。
120318_03.jpg
おこげも。

ちょっと焦げすぎ?


でも、まぁいいかんじに炊けました。鍋炊きもだいぶ慣れてきたな。

(何回か言ってるけど)うちは炊飯器がないので、いつも圧力鍋でごはんを炊いてます。

失敗とかはぜんぜんないけど、炊き上がりがもちっとするので、

こういう炊き込みごはんは圧力鍋より鍋炊きがいいかなぁと思うこのごろ。



120318_06.jpg

味は、炊き込みごはんとしては、ちょっと薄めかな?と思ったけど、

「かぶの葉っぱを刻んで塩麹と和えて水気を軽く絞ったの」をのせて食べていいかんじでした♪

オットもおかわりしてたしー。


もとは「ちょいエスニック」だったはずなんだけど、

ごぼうとかも入れちゃうと、気分はすっかり和風な炊き込みごはん。

味しみしみの角煮もおいしかったですー。





最後まで読んでくださってありがとうございます!おかげさまでランキングもいいかんじです。












・・・

写真展のはなし。


31日まで、今日も入れて、水木金土あと4日。

最終日は夜にイベントがあるため、入店14:30までですー。


明日はお昼ごろに会場にいく予定です。

今向かってる、とか、そろそろかえる、とかはツイッターでつぶやくので

よろしければチェックしてみてください。

@sakusaku_chan




先週写真展に、柚木さとみさんとkumakichiさんが来てくださいました。

kumakichiさんがブログで紹介してくださいました→

ありがとうございます!

いただいたお土産はさくちゃん別ブログでアップするつもりだったけど、(まだできていなくて)

ゆりりさんの写真がすてきなので→、そちらをご覧いただければ。すてきさがおわかりいただけます。とても。