きょうは、写真いっぱいでちょっと長めです。


このまえの水曜日に、オレンジページのイベント「みそ仕込み会」に参加してきました!


オレンジページで去年から、長野県にある〈信州ファーム荻原〉で畑作りをしていて

(いきさつは、オレンジページnetに→

そちらで収穫した大豆を使って、お味噌づくりをしませんか?というイベントで、


3kg分のお味噌をひとりずつお持ち帰りができて、料理研究家の先生が教えてくださって、

材料、ホーローの味噌ポット、エプロン、軽食付きで4500円。お安い。



じぶんでお味噌を仕込んだことはなくって、

やってみたいなぁと思ってたところだったので、

ひとりでレシピを見ながらやるより100倍心強い!と思ってすぐ応募。


たくさんの方が応募されたみたいで、抽選になったみたいです。わーい。




場所は小学校をリノベーションした「3331 Arts Chiyoda」という建物のイベントスペース。

120125_mame_01.jpg120125_mame_02.jpg
120125_mame_03.jpg

受付が始まる前に写真撮ったり。

120125_mame-_04.jpg

中にはこんなラウンジがあったり。


1回の受講者は50人くらい。

120125_mame-_04-2.jpg

受付をすませて席につきます。

120125_mame_05.jpg

いよいよ始まりまーす。


後半へつづくっ


ぽちっとしていただけるとうれしく思います。

120125_mame_05-00.jpg

教えてくださるのは、料理研究家の小田真規子先生

全国にあるいろんなお味噌の紹介など、お味噌のおはなし。

120125_mame_06.jpg

原料によってちがうお味噌の味見♪

麦味噌はぷちぷちして甘みがあって、玄米味噌もコクがあっておいしかった。



さて、仕込みましょー。

大豆は、小田先生のスタジオや、長野の農家さんやオレペのキッチンで茹でたものを
一人分ずつジッパーパックに用意してあって

それを袋の上からグーでぐにぐにつぶし(結構たいへん)ペースト状にしました。

フードプロセッサやすり鉢でもよいそうです。

この茹でただけの大豆をちょこっと味見したんですが、すっごい甘くて濃い!

120125_mame_07.jpg 120125_mame_08.jpg

信州ファーム荻原さんのササニシキで作った生麹に、塩を混ぜます。

120125_mame_09.jpg 120125_mame_30.jpg

つぶした豆で土手を作って、そこに「塩+麹」を加えて、全部をよくまぜまぜ。

黒いカップは豆の茹で汁です。ちょっとずつ加えて固さを調整。

120125_mame_10.jpg 120125_mame_11.jpg

テニスボールよりちょっと大きめなお団子=味噌玉をつくって、

ポットに投げつけながら広げて、隙間なくつめつめ。

120125_mame_12.jpg

ぴっちりラップして、消毒して、袋もしばって。

120125_mame_13.jpg

仕込みしゅうりょー!


かるくお片づけをして、ちょっと試食~♪

120125_mame_14.jpg

オレンジページの畑がある信州ファーム荻原の荻原昌真さん。

長野からいらっしゃっていて、無農薬のお米づくりのお話など。

信州ファーム荻原は、平均年齢が29歳なんですって。

120125_mame_15.jpg

荻原さん自慢の、信州りんご米のおむすびと、お味噌。

豆の煮込み(説明を聞きのがしたけど、なんかうまかった)、ねぎのお味噌汁。




120125_mame_16.jpg

オレペ畑で育てたいろんな豆。




材料も計ってあったし、豆も茹でてあったし、いたれりつくせりでしたが、

じぶんでつぶしたりまぜたりの作業したので、仕込んだー!って気持ち(笑)


はじめて生麹にも触れたり(ちょっと味見したら甘かった)

固さの加減も先生にみていただけたり、

とっても大満足の「みそ仕込み会」でした。



120128_miso_01.jpg

お土産でいただいた、無農薬の信州りんご米とお味噌♪

こんなお味噌が9月ごろにはできあがる予定。

ふふふ。

たのしみー



オレンジページのスタッフのみなさん、小田先生、荻原さん

ありがとうございました。





読んでいただいてありがとうございます。ランキングに参加しております。ぽちっとしていただけると元気でます。ほんとです。






120125_mame_20.jpg

そういえばオレペのキャラの名前って知らない・・・