この前知ったのですが、豚肉の「こま切れ」と「切り落とし」って

意味が違うんですね!

知ってました?

「こま切れ」はいろんな部位で、「切り落とし」は一つの部位のきれっぱしなんだって。


ということで、「豚こまのぎゅっと握ったシリーズ」は、

実際は結構切り落としだった!ということが判明。

でも「豚こまの」の方が語呂がいいよね。

どっちでも作れるし、特にこだわりはないのでいい加減にいきます。今後とも。


140222_bento-001.jpg

オット用お弁当(前の晩制作冷ごはん)『ぎゅっと握った豚こまの照り焼き山椒風味』


「山椒風味」は、となりのおかずといっしょに食べてもいいけども。という風味。


●ぎゅっと握った豚こまの照り焼き

豚こまといいつつ切り落とし肉です。さっそく。

★★★

〈材料 お弁当1.2人分〉

豚切り落とし   80g
片栗粉     大さじ1
塩         少々

しいたけ     1枚分 
みりん     大さじ1と1/2
醤油      大さじ1/2 


〈ざっくり作り方〉

豚肉に塩をふり、片栗粉を混ぜてもみ、
一口大にぎゅっと握って成型し、中弱火で両面焼く。

肉が8割方焼けたら、食べやすく裂いたしいたけを入れて隣で焼く。
焼けたらみりんと醤油を加えて、煮詰めながら絡める。

★★★


厚みがあると中まで火が通りにくいので、ふたをするなり、

水をちょっと入れて蒸し焼きにするなり、

火を止めて余熱で火を入れてから味つけするなり、加減するとよいでしょう。

わたしはいつもそんなかんじです。



●常備菜 大根の葉っぱとだしがらかつおぶしと山椒のしっとりふりかけ 

照り焼きの隣に埋め込むように入れているので、いっしょに食べると山椒風味。

えー。って言わないの。混ざってもいいの。

だしがらは、薄味にして、もりもり食べられるようにするのがよいです。

消費が追いつかないので。



●常備菜 ひじきの煮たの 

小分けに冷凍して解凍したもの。



●常備菜 大根の皮のきんぴら 

お母さま便の無農薬大根。



●紫芋の皮と大根とにんじんの黒豆の煮汁なます風 

このまえ紫芋ようかんをつくったとき(→)に、皮もいっしょにレンチンして、

黒豆パックの甘い汁に酢を足して、大根とにんじんと一緒に漬けてみた。

もったいながりなのです。だいぶ。 



●黄色にんじん 

黄色担当。

生が多かったので、レンチンしてみた。下にマヨ。



●プチトマト 

赤担当。



●雑穀ごはん(あつあつに解凍してから全力で冷ます)+別添ふりかけ

保温容器に入っておりますが、内側をとりはずしてレンチンできるすぐれものなので、

冷やごはんを入れてもよいのです。


いつもお弁当を前日夜に作るときは、

冷凍ごはんをそのまま持って行って、職場のレンジで解凍してもらってましたが、

解凍に時間がかかるから、面倒なんだって。

夏じゃないから喫食まで13時間くらいあるけどまーいーかなー。と。


いろいろお弁当作りスタイルを模索中。




読んでいただきありがとうございますー。ぽちっと応援していただけるとうれしゅうございます。ええ。いつもどうも。