140205_mame-004.jpg

節分で煎り大豆を作ってみたばっかりですが(こちらの記事→)、

意外と簡単にできたので、お正月用に買った黒豆の残りも煎ってみました。

前回の実験と反省をふまえ、失敗の少ない作り方を考えようということです。意欲的!


なんちって。

豆さえあればできるからね。オーブンでね。


140205_mame-001.jpg

豆は一晩水に浸し、水気を切って、ペーパーでふいて

予熱なし200℃のオーブンに入れます。

20〜30分くらいでだいたい豆がこんがりしてくるのですが、中はしっとり気味なので、

140205_mame-003.jpg

35分くらいで一回取り出して味見したりして。

やっぱり中がしっとりしているやつが、そこここにいるので、

再度オーブンに。


とはいえ、はっ!と気づいたら焦げてる!となるとおいしくないので、

今回は、セミドライトマトとか、ラスクを作るときの感じにしてみました。


200℃で35分ののち、120℃で20分くらい。

140205_mame-002.jpg

見ためはあんまり変わらないけど、カラカラといい音がします。

お手玉にしたらさぞいい音がするだろうな、でも軽いから扱いにくいな、という感じ(わかりにくい)。


でも!

10個に1個くらいしっとり気味のやつがいるので(味見しすぎ)

天板ごとオーブンに戻して、そのまま冷めるまでおいておきました。


ということで、じゃーん!

140205_mame-005.jpg

というほど見ためは変わりませんが、

かりぽりで、軽い食感です。アントシアニンが目によさそうです←ホント?


加熱時間はもとの豆の大きさにもよると思いますが、

とりあえず120℃くらいだったら、急に焦げることはないと思うので、延長すればよいかなー。

今回使った黒豆はスーパーで安さを基準に選んだので、

大豆とあんまり変わらない、ちょい大きめでした。

立派な黒豆ってすんごく大きいもんね!そんなのはうちではたぶん買わないけど。

もしも誰かからいただいたら実験してみよう(いただく前提)




煎った豆をさらに炊き込みごはんにするとか。

いろいろアレンジもありそうですが、

まー、わたしのことだから、気づくとなくなっていると思われます。

うまいー。




読んでいただきありがとうございます!!ぽちっとしていただけるとよろこびます♪