以前はときどきパンを焼いたりしてて、

バゲットにもチャレンジしたこともあったのですが、

まー、うまくいったことがなくて。

でもいつかはハード系のパンをおいしく焼けるようになれたらいいな、っていうのは

やっぱり思うじゃないですか。


そんな折、ムラヨシマサユキさんのバゲットの本が出る!ということで、

これは期待大ではないかと。ほぼ発売日に買いました♪

ムラヨシさん、Instagramでずっとバゲットの写真UPしてたけど、この本のためだったんだなー。

bagetto
 

ムラヨシさんのInstagramにも書いてあったので、すんごい丁寧なんだろうなとは思ってたのですが、

見てびっくり!最初のレシピにたどり着くまでの文字の量がハンパない!

パンの説明、道具の説明、材料の説明、オーブンの説明、

作業工程の流れの説明、それぞれがめっちゃ細かい(字もちっちゃい)。

そして1こめのバゲットのレシピは全部で16ページ。

全35行程写真付き。その他のレシピもほぼ工程写真付き。

粉の種類もバゲットのタイプに合わせて変えてあります。


もうね、読むだけでも上達しそうな気がすると同時に、

ぜんぜんできる気がしません(笑)

でもほんと、この本のとーーーりに全行程できたら、

あこがれのバゲットが焼けるんじゃないかと思うのです。

(それでもダメならきっとオーブンが壊れてる。)


ということで、さっそく焼きますよ。

と、思うじゃん。

今日休みだから、やってみよう!と思ったら、

1こめのレシピ、発酵時間14時間だしー。

粉は「エペ」とかいう種類だし。モルトエキス買わないとないし。


エペ買う前に、家にある粉使っちゃわないと、とかなんとかごにょごにょ言い訳をし。

発酵時間3時間で比較的つくりやすい、ヨーグルトとはちみつを使うバゲットを、

「練習で」つくってみました。

粉は、禁断の、フラワー(薄力粉)とカメリア(強力粉)とヨット(強力粉)を

なんとなく混ぜたやつ。

ええすみません。言うとおりにしなくて。

そいで、成形の途中くらいから、やっぱり失敗しそうだなーという予感がしてきて

ま、ワタシくらいになると、わかりますよね。

うまくいかない雰囲気。

(うまくいった!と思えたこともないが)

そして焼き上がったのが、こちら。
160922_murayoshi-001 
や、あのね、いろいろ言いたいのですが。


オーブンを280℃に予熱して、パン生地を入れるじゃないですか。

そしてスチーム10分の設定をして、250℃で30分・・・

と思ったら、温度設定が変えられない!!

予熱して蓋を閉じた時じゃないと変えられないんだっけ?!とあせってオーブンを開けてしまい、

せっかくためた蒸気が全部出てしまい、

蓋を閉じたら、今度は温度が230℃までしか上げられなくて、

えー!!

と焦って、一回オーブンを切ってパンは入れたまま予熱を250℃に設定しようとしたけどならなくて、

しょうがないけど230℃に予熱して、

予熱以上の温度があるものの、下がらないと予熱温度にならないから開けて下げるしかないし、

温度が予熱設定温度になっても、もう一度開けないと時間の設定ができないので、

もう一回扉をちょっと開けて、

とかやってたら、こうなりました。


案の定クープはのっぺり。裏面は安定の「底割れ」でしたねー。
160922_murayoshi-002 
あー、こりゃこりゃ。


あとでよくよくオーブンの説明書を見たら、

・スチームを設定したら温度は変えられない
・オーブン庫内が250℃以上あると、オーブンを一度切った後は、電気回路保護のため230℃までしか設定できない。

という機種らしいです。

あーそーですか。

やっぱり説明書大事。オーブンとなかよくならんとねー。


失敗しないと成功にはたどりつけませんのでね。

次回はオーブンのスチームは温度を下げてから設定すればいいのだ。

練習なので、断面確認。
160922_murayoshi-003
おお!意外とよい♪

準強力粉じゃなくても、こんな感じになるのですね。(←やったことなかった)

そして、味はおいしかったです!

外側がりっと、中しっとり。



もうちょい練習のを焼いて、いろんな作業に慣れたいです。

全然関係者じゃないし、リンクからご購入されてもおこづかいはワタシに入らないけど、

おすすめです。







 







 バナー1 
BRUNO StyleのFacebookページが開きます。 




ぽちっとしていただけるとよろこびます♪
にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ