160611-nasu_001 
レシピブログのモニターで二十五穀米をいただきました。



うちは、ふだん白米大好きオットの不満顔を無視して十五穀米を食べてますが、

さすがに25ともなると(年齢じゃないよ)オットも不満を通り越して不安いっぱいで、

大丈夫?ぼそぼそしない?とか聞いてきました。

そりゃ、雑穀の種類の多さとかじゃなく、白米に対して混ぜる割合の問題だから、

関係ないでしょー、とか言いながら炊いてみると、

粒の大きい豆などがなく、挽き割りにしてあるので

ふだんの雑穀米よりもむしろ食べやすい!



これは、おかずを選ばずに、なんでもふつうに食べられます。

ということで「雑穀米にぴったりな自慢のおかず」というテーマですけども、

ごはんに合ういつものおかずをつくりました。



二十五穀ってどんだけ!と気になる方は、こんなのです。 → むらせライス「国内産二十五穀米」 



「豚肉と茄子とピーマンの味噌炒め」は、

「毎日がありもので創作料理」なうちにしては、比較的よく登場するおかずです。

お弁当にもいいし。(最近はお弁当つくってないけど)

乱切りが好きなので。(そういう理由)


味の加減は、そのときの気分ではちみつ入れたり、砂糖の量も適当ですが、

今回は砂糖なしで、本みりんと味噌と醤油だけにしました。

みりんの自然な甘みで、ごはんがすすむ感じ。



豚肉は安い切り落としですけど、固くならないひと工夫を必ずします。

豚肉を切るときは、キッチンバサミでざくざく切ると、

まな板も汚れないし、洗いものが減ってよいです。


あと「炒め」といいつつ、焼いて合わせる感じ。

焼き色つけた方がうまみが増すし、

茄子はとろっと、豚はしっとり、ピーマンはしゃきっとなります。


160611-nasu_002

多めにつくって常備菜にも。





『豚肉と茄子とピーマンの味噌炒め』

〈材料 2人分〉
 
なす      2〜3本
ピーマン    2〜3個
豚肉切り落とし 160g
生姜      1片

A 味噌  大さじ1/2
A 醤油  大さじ1/2
A みりん 大さじ1と1/2

片栗粉   大さじ1/2
塩     少々
サラダ油  大さじ1


〈つくり方〉 
 
下準備
なすとピーマンは乱切り。生姜は千切り。豚肉は一口大に切って塩をふり、片栗粉をまぶしておく。【A】を合わせておく。 


フライパンに油をひき、生姜を入れて中火にかける。茄子の切り口を下にして加え、断面に焼き色がつくように焼く。 


茄子を端に寄せ、空いたところに豚肉を加えてほぐし、赤いところがなくなってきたら、ピーマンを加えて全体を混ぜる。 


油が回ったら、合わせた【A】を加え、全体に絡まったら火を止める。 
 

豚肉と茄子とピーマンの味噌炒め

豚肉と茄子とピーマンの味噌炒め

by さくちゃん

調理時間:15分
Comment

なすとピーマンが安かったら、とりあえず浮かぶおかず。お弁当にも。味つけはそのときどきで、はちみつを使ったり、砂糖を使ったり甘めに仕上げるときもありますが、このごろは本みりんのあまみだけで仕上げるのが気に入っています。

 このレシピを詳しく見る









雑穀米・お赤飯に合う料理レシピ
雑穀米・お赤飯に合う料理レシピ
 











バナー1
BRUNO StyleのFacebookページが開きます。


ランキングに参加しています。ぽちっとしていただけるとよろこびます♪
にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ